婚活-視線1

ある男性の勘違い:

ダメだぁ~女性と目が合わせられない~。

よし、少し視線を下げれば話が出来るぞ~!

 

『視線を下げるとエロがある』

恥ずかしがりの男性は、女性の目を見て話すのが苦手。

だから、視線をずらせばいいと思い、どんどん下へと移動してしまう・・・

 

女性の本音:

なんだか、この人ずっとわたしの胸を見て話してるんだけど~

いやらしい・・・。

誰にでも、そうしているのかなぁ・・・。

もしかして変態?なんだかキモイ。

話しかけるのやめておこうかな。

 

【どこが悪いの?】

目は口より災いの元・・・

正直、じっと目を見て話されたとしても

相手にしたら心地よくはない。

 

視線はちょっとだけずらして

話すのが良いと思う。

だけど、気を付けないといけないのが

その視線の行く先。

 

女性と話すのが苦手だから

どうしても、うつむきがちになる・・・

そして視線が首より下になってしまうと、

そこには、女性の胸元。

 

女性がどんなに防御した服を着ていたとしても

その目線自体が、敏感な女性からすると

「変態野郎」扱いになってしまう。

 

いくら自分ではそんなつもりが無くても

相手の誤解はなかなか取れないので、

注意が必要だ!

 

また、だからと言って視線があっちこっち変わっていると

「落ち着きがないなぁ~」「弱々しいなぁ」「何を考えているかわからない・・・」

といった印象を与えてしまうので要注意だ!!

 

続く・・・