婚活-会話6

・・・続き

 

【攻略法】

「俺」より、女性の気持ちを優先に!

例えば女性と映画を見た後、

女性が「この映画すごーく面白かったね!」と言った場合。

 

たとえ賛同する意見だったとしても、ついつい自分の意見を言いたくなって

ああだここだと独演会が始まるのがオレオレ男子の悪い癖。

「わかる~俺的には○○のシーンでぐっときて・・・俺の場合はさぁ~・・・」

と感想にかこつけて「俺」話が永遠に続いてしまう。

 

悪い循環を断つには、

思考をガラッと変えることが必要。

「俺」の前に、女性の気持ちを聞き出す努力をしよう!

 

この映画のやり取りも、女性が「面白かった!」と言ったのなら

そこから「良かったよね~どのシーンで一番感動した?」と同感しつつ、

相手の感想を聞きだせばよい。

 

もし女性が「う~ん・・・どのシーンということはないんだけど、

全体的に感動してよかった~」と

曖昧な答えが返ったとしても慌てることはない。

 

その場合は、「じゃあ、○○さんは他にどんな映画で感動した?」と

彼女が感動しやすい映画のジャンルを探るようにしよう。

彼女の感動しやすい映画のジャンルが解れば、

次回あったときに「○○っていう映画もう見た?良かったら今度一緒に見に行かない?」

と気軽にデートに誘うことだって可能になる。

 

大事なのは、会話の中に気遣いが感じられると、女性は嬉しいものである。