婚活-ヤンチャ話2

・・・続き

 

【対策編】

昔の話はヤンチャ話ではなく当時の流行の話で攻めよう!

 

学生時代の話などをするなら、「ヤンチャ話」ではなく、

その時に流行ったことなどを面白おかしく話すのがベスト。

 

例えば「僕が高校生の時に○○っていうアイドルがいて、

ファンクラブにも入っていたんだぁ」とか話せば、

女性も「わたしもジャニーズの○○君のファンで

ファンレターをよく送ってたー」と会話にのってくる。

 

その他「僕、大学生の時にバンドやってて、

○○の時に曲が流行っててコピーしてたんだよね」と言えば

女性は「バンドやってたんだぁ、楽器はなにやってたの?」など

会話に花が咲いていく。

音楽やバンドの話などは女性も興味を持ちやすい話題である。

 

または、「小中学生の時に流行っていた“○○っていう遊び”知ってる?」と

当時、友達と楽しんでいた遊びなどを話題にしてみて、

共有できれば更に盛り上がること確実!

 

たまには、彼女に「○○さんの中学時代は、

どんな遊びが流行っていた?」など質問などをおりまぜると、

更に会話がすすむ。そうすると、女性があなたに親近感を抱くようになる。

 

自分主体の「昔のヤンチャ話」は止めて、

ふたりの思い出の共有に集中した方が何十倍も有効です。