婚活-ネガティブ2

・・・続き

【対策編】

「ネガティブ」と「謙虚」の違いを知ろう!

ある男性1:とんでもない、僕なんて大したことないよ~

ある男性2:どうせ僕なんて・・・何もできないんで~

1は謙虚で、2はネガティブ。

似たようでも、繰り返しているうちに雲泥の差が出てくる。

 

 

恋愛以外でも、ネガティブな言葉を使っていると

希望も明るい未来も無くなる気がしてくる。

過去を思い出してほしい。

 

あなたが、ネガティブな言葉を他人に浴びせかけて、

心がカラッと晴れたりとか何か事がスムーズに進んだことがあったろうか。

答えは「ノー」だ!

そのような、後ろ向きな言葉をささやき続けられたら、

女性の気持ちも暗くなるだけ・・・

 

これを見ている男性が、「謙虚な気持ちで言ってるはずなんだけど~」

と思っているなら、それこそ間違いです。

この場合は、相手を一度大きく待ちあげてからの

対応してこそ効果がある。

 

女性が「○○さんってすご~い!」と言ってくれたら

「そんなことないよ~僕なんてただの平社員だし」

と軽く答えるくらいで充分。

 

これなら、謙虚で素敵だな~となるが、持ち上げられてもないのに、

「僕なんて、所詮、平社員でしかないし」とか言うと、

結局、愚痴として受け止められてしまうだけ。

 

ネガティブな言葉を投げかけるくらいなら、

思い浮かんだネガティブなワードを一回飲み込んで、

目の前にいる女性のいいところを見つけて褒めてあげる方が

何百倍も価値がある。

 

例えば、女性が営業事務の仕事なら、

「○○さんは気が利く人だから、

営業の人から人気があるでしょう?」と

相手の良いところを見つけ出すことで、

展開は明るい方へと進んでいくのである。