婚活-クールな男 3

・・・続き

対策編!

「クールな男」より「シャイな男」

 

まずは、ポーカーフェイスを気取って

寡黙な男アピールは辞めましょう!

万が一、「この人クールで素敵!」って思われたとしても、

そこから恋愛、恋愛から結婚と進展させるのは至難の業。

 

そこで、どうしたらいいか・・・

「緊張してうまく話せないかも・・・」と

心配している人も、あえてシャイな自分を女性にアピールしてみよう!

 

この手段があれば、会話が途切れてしまっても

「緊張しているんだなぁ」としか思われない。

 

その中で、会話を頑張って続ける姿勢を見せることで

女性に誠実さや健気さが伝わるのである。

 

「この人、話すのが苦手なのに頑張って私のために会話しようとしてくれている」

「女性慣れしていなくて、誠実!」などと

好印象で受け取ってもらえる。

 

たとえ沈黙が訪れても、あわてず、

「なんか、まだ緊張してます・・・すみません」と

自分の状況を隠さず素直に報告すればいいのだ。

 

無駄にクールを決め込むよりは、

恋に奥手の誠実な男性が頑張っている姿を素直に見せていく方が

嫌味が無くて、女性には好意的に受け取られる。

更に、「この人、私に緊張しているのかしら?必死に話そうとして、

なんだかかわいい」と母性本能をくすぐる可能性もでてくる。

 

ただ、わざとらしく可愛さをアピールしようものなら、

女性の気持ちを一気に「キモ~イ」と変換させてしまう危険性が

いつもあることに危機感を持っておこう!

 

すなわち、無駄なカッコつけ男より

誠実な男の方がウケるっていうこと!