婚活の知恵-6

 

【結婚したいなら避けたいバツイチ男性のタイプ】

結婚したい女子にとって、検討してみる価値があるのがバツイチ男性。
離婚経験ゆえに女性の現実をある程度知っていたり、
傷ついた経験から人に優しくできたりと、よい面もたくさんある。

また、年齢的に初婚の人にはもういないような高いスペックを持った男子が離婚によって再度、
候補にされることもあり、性格さえ合えば幸せな結婚ができることだって多いのです。

とはいえ、なかにはできれば避けたいタイプのバツイチも・・・
女遊びが激しい、借金、ギャンブル癖があるなどの明らかな地雷を踏まないのはもちろんですが、
意外なNG物件だってあるんです。

1、実家を愛する男

お母さんと仲がいいなんて、いまどき多いのですが
あまりにも実家および親(特にママ)が好きすぎると、
妻にもなんでも実家の流儀を押し付けてくるかも知れません。

2、超潔癖性な男

度を超して潔癖性な男もそれはそれで夫にするには厳しいもの。

3、突然妻に捨てられた男

前妻との別れの理由が、「上手くいってると思ったんだけど、
突然『別れたい』って言われてさ・・・」と言うようなら要注意です。
男女の仲が「突然」壊れることは実は稀。
妻の出しているSOSを長年無視し続けていたり、
話し合いが極端に苦手で意思の疎通が取れないタイプである可能性も。

自分の性格との相性を考えると上手くいかない人がいるのは
相手が初婚でもバツイチでも同じこと。

「バツイチだからダメ」ではなく
「人には相性がある」というだけのこと。

受け入れられる点・ダメな点を自分でも洗い出しておくのも良いでしょう。