婚活のコツ-ある男の勘違い

 

女性は面白い男性が好きなんでしょう!?
変なシャレ、言いなシャレ・・・
怨念がおんねん・・・
この桶でオッケー ・・・
早くトイレに行っトイレ!!・・・
寒すぎて凍ってると思うので、このへんで勘弁したるわ。

 

場を和まそう、ユーモアでおもろい人と思われたい!
生半可なギャグは命取り。

 

合コンなどで、少しウケたと思うとバンバン
ギャグをかましてくるヤツがいる。
テレビや雑誌などで、女性は「面白い人が好き♡」とか言っているから
ここは、仕入れた特別おもろいネタで、
楽しい雰囲気を一手に自分が引き受けて
女性の心を独り占め~!

流行のギャグを混ぜながら、
あとは勢いで・・・
好感度アップ!!のはず~!!

ここで女性の意見だが・・・
「うわ~出たーおやじギャグ」
「今ここで使うんか?空気読めー!」
「しかも、自分で話して自分でウケてる~」
「マジないなぁー!むしろ引くわ~!」
と女性の本音。

 

「面白い」と「笑わせる」はイコールではない。
面白い男性は好きという女性は確かに多い。
だけど、この「面白い」という言葉に
惑わされてはいけない。

 

笑いのセンスのない素人が
どんなに頑張ってもウケるのは難しい。
「面白い」ではなく「寒い」と感じられてしまう。
しかも、状況に気付かず おやじギャグや流行のギャグを連発していると
それを聞かされている側にすると
単なる苦痛になってしまう。

 

男同士なら盛り上がる下ネタも、
女性の前でかますとドン引きされるので注意!
自分でいくら「面白い」と思っていても
「笑わせる」ということと同様と勘違いしているうちは
何をやってもダメなんです。

 

女性が求める面白さは「笑わせてくれる男」ではない。
「俺って面白い男」と思っているのは自分だけ。
女性の冷たい空気を早く気付けるようにしよう!

 

面白がらせる(ギャグ)より、反応(リアクション)が大事!
我々、素人がウケを狙おうとしても
失敗することが多い。

 

女性が求めている「面白い男性」とは、
「楽しい気持ちにさせてくれる人」なんです。
下手な流行りネタを連発させて笑いの押し売りを
してくるヤツの事ではない。

 

女性が楽しいと感じるのは、相手の話に対して
素直に反応してくれる男性だ。
「反応」と言っても、芸人のような
大げさなリアクションをするとウザいと
思われるので要注意!

 

例えば、女性が「最近、ホットヨガにハマっちゃって」と
話したときは、「へえ、そんなんだぁ~」とか
話を流すのではなく、「ホットヨガ流行っているよね、
身体も温まりそうだし、代謝も上がりそうだよね!」と
相手の話に興味を示す反応をすることで、
女性は、「この人、話しやすいかも=楽しい」
と感じる。

 

また、女性が面白そうな話をしたら、
少し大きめに笑ってあげて
「それ、すごいね~」「面白いね~」などと
ややオーバー気味に盛り上げてあげると
さらに効果的!

 

ここまでの話で、「聞き上手」の男は
モテるんだろう~!?と
思っている人はこの後も
読んだ方がいいよ~。

 

 

「聞き上手」と「尋問」の違い
いつも何時ごろ起きてるの?
仕事の時は誰とランチに行くの?
何食べた? どこに行った?
休日は何してる?
仕事は何時に終わるの?・・・・・・・・

怖っ!!

とにかく話さなきゃと思って、
テンパってしまい、質問攻めで
相手の話を聞きまくる男性がよくいますが・・・

冷静に考えると、ただの質問攻めだよね。
女性は自分に興味を持ってくれる男性が好きだと
雑誌かなんかに書いてあったし!
気合を入れて質問を100個くらい考えてきたんだ!
だから、今日は完璧だし!!

そんな男性に対して、女性の本音は・・・

この人何・・・つまらない質問ばかりして。
もう勘弁して、全然楽しくない・・・
そんな細かいことまで答えなくちゃいけないの~。
え~この人、ストーカー体質なの~??

もうお判りですよね。
会話のつもりで気合を入れて頑張ったのですが、
それって、会話じゃなくて「尋問」です!

朝、何食べた? →→ 食べてないの?
→→ じゃ、昼は何食べたの?

「朝」から「昼」へと時間経過とともに会話の流れが
出来てるなんて思ったら大間違いです。
これは、会話がブツぎれの一問一答形式だし、
相手にとっては「面接」のように感じてしまう。

それが長く続くと「尋問」、面白くない状況を
通り越して苦痛から恐怖になることもあるので注意が必要。

では、どうすればいいのか・・・
1、「聞き上手」より「話させ上手」になろう
2、一つの質問から会話を繰り広げよう

 

本当の「聞き上手」は、一つの質問から
話題を広げられる人の事です。
常に相手の共感を得るために、自分の感想を
ちょこっと入れながら話すと効果的。

 

「質問」→→「共感」→→「質問」
繰り返すことで、女性との会話が
盛り上がってきます。
こうなれば、女性は「この人、話しやすい人だわ」と
思い始めます。

 

【女性との会話のポイント】      解説:ラブアカデミア学長の永峰あや さん

1.女性は「面白い話」より「たわいもない話」を求めている

多くの男性が、女性とのデートや合コンでの会話は、面白いネタを用意して、会話を盛り上げなければならないと思っています。
しかし、女性との会話において、沈黙を破って盛り上げなければならないという考えは間違い!
あなたが、合コンや婚活デートにわざわざ出かけて、女性と会話する目的が、「自分が用意した話題で相手の女性やその場にいる男女を盛り上げる」ということであれば、何ら問題はありません。
でも、おそらく、あなたの本来の目的は、「意中の女性にあなたの気持ちを届け、何らかの好意を抱いてもらう」ことですよね。
これは、女性の側も同じです。
女性が、わざわざ婚活したり、友達に合コンをお願いして、何週間も前から当日着ていく洋服を選び、何時間もムダ毛の処理やメイクをして来るのは、男性のネタを聴いて笑いころげるためではありません。
”自分という人間をわかってもらうため”に、”相手の男性の人間性をもっと知るため”に、”自分と合ったパートナーを見つけるため”に来るのです。

なので、「面白い話をして盛り上げる」のではなく、「たわいもない会話でお互いを知る」ようにしましょう。
次のようなたわいもない会話をして、お互いの好みや価値観の共通点・違いを知って、相手との関係を深めていくといいです。

 

〖ポイント〗

お互いを知るためのたわいもない会話

●何て呼べばいいですか?「名前・ニックネーム」の話題
●料理を目の前にして話しやすい「好きな食べ物」の話題
●誰もが知っている「ニュース、流行り」の話題
●出身地はどこ?「地元」の話題
●どんな映画が好き?「趣味や楽しみ」の話題
●休日はどんな風に過ごしてる?「休日の過ごし方」の話題

 

 

2.彼女だけを気にかけて集中して話を聴く

繰り返しになりますが、多くの女性は、
「男性の面白い話を聞きたい」
「会話を盛り上げてほしい」
「自己アピールを述べてほしい」
とは思っていません!
では、何を求めているのか?大半の女性は、好きな男性に、「私のことをわかってもらいたい」と望んでいます。

 

 

この「私のことをわかってもらいたい」を理解して対応ができるようになると

婚活が驚くほどにうまく行くようになります。

我々のような人生経験豊富な婚活アドバイザーが付いていれば更に心強いと思います!